百里基地航空祭

2018年12月12日 カテゴリー:よもやまばなし

強力な寒気の影響で冷え込みが厳しい中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

1週前ですが、寒さの中、航空自衛隊の百里基地航空祭に行ってきました。

画像1

百里基地と言えば、F-4ファントムⅡです!

40年以上の長きに渡り、首都圏の上空を守っています。

画像2

パンフレットの表紙を飾る、第302飛行隊は尾白鷲の部隊マークが有名です。

画像3

第302飛行隊はF-4EJ改からF-35Aへの機種変更を控え、記念塗装が2機に施されています。

【白バージョン】

画像4

【黒バージョン】

画像5

この記念塗装、とても気に入ってます。

F-35Aに変更後は、尾白鷲の部隊マークが引き継がれないのが、とても残念です。

こちらは空自の現在の主力機F-15Jイーグルです。

画像6

こちらはF-2、三沢基地からの参加です。

画像7

F-4は後の世代の機体と比べるとゴツゴツしたスタイルです。

でも、この無骨な感じがF-4の魅力だと私は思っています。

第302飛行隊の記念塗装機による迫力あるデモフライトの映像をどうぞご覧ください!

当日は偵察機型のRF-4E/EJによる、会場の空撮が行われました。

画像8

パイロットに向けて感謝の人文字を作ろうという試みがあり、私も参加したのですが…

画像9

画像10

人数の関係で小さくまとまったため、THANK YOU の文字が全く判りませんでした。(泣)

会場は隊員の手書きによるデモフライトの見どころ説明や、隊員による演劇なども行われ、なんだか学園祭のような雰囲気も感じました。

画像11

飲食の屋台や自衛隊グッズのお店もたくさん出店していました。

画像12

画像13

昼食のメインに『ステーキやきそば(本日限定メガ盛り無料)』を食べたのですが、すみません、写真を撮り忘れました(笑)。

この日は約4万人が訪れたそうで、大変な賑わいでした。

寒かったですが、楽しい一日を過ごすことができました。

ところで、戦闘機も自機の位置把握にGPSを使用しています。

みちびきは補強信号による精度の高さもありますが、暗号強度が高く妨害電波に強いこと、将来的には他国のGPSに頼らずに済むことも見据えて、自衛隊ではみちびき対応を積極的に進めています。

2018年12月現在、1m精度が実現できるみちびきの補強信号”L1S”に一般向け製品で対応しているのはグリーンオンだけです。

ぜひ「ザ・ゴルフウォッチ A1」や「ザ・ゴルフウォッチ プレミアムⅡ」で、その高精度を体感してください!

『ザ・ゴルフウォッチ A1』&『ザ・ゴルフウォッチ プレミアムⅡ』、絶賛発売中です!

GREENONスタッフブログ

GREENONスタッフブログ

毎週水曜日更新! グリーンオンスタッフが、楽しいブログをお届けします。2016年5月以前の旧ブログはこちらからご覧いただけます。

//空のpタグ削除