芸協らくごまつり

2017年10月11日 カテゴリー:よもやまばなし

すっかり秋になりましたね。いかがお過ごしでしょうか。

私は芸術の秋を堪能すべく先日「芸協らくごまつり」に行ってきました。

場所は西新宿にある「芸能花伝舎」で、ここは以前、小学校だった場所です。

画像1

芸協(げいきょう)とは、落語芸術協会の略です。

らくごまつりは、落語家さんたちが総出でおもてなしをしてくれる無料のイベントです。

簡単に言えば、落語ファンに向けた「ファン感謝デー」のようなものです。

画像2 画像3

らくごまつりというだけあって、落語ファンを喜ばせてくれる催し物ばかりでした。会場内の至る所に落語家さんがいて、ほとんどがスタッフとして働いていらっしゃいました。

画像4 画像5

落語家さんのサインを集めて景品をもらうサインラリーがあったり、「めくり」でおなじみの寄席文字を書いてくれるブースがあったり、落語家さんプロデュースの屋台があったり。その他、教室や体育館を使って、様々なイベントが並行して開催されていました。

画像6 画像7

私はたくさんの中から、桂米助さん司会の「すべらないかもしれない話」を見ました。

人気番組「すべらない話」と同じ内容です。

司会者がサイコロを振り、出た目の人が、面白いエピソードを話すという企画です。桂伸治さん、桂小南さん、立川談幸さん、東京丸さん、春風亭昇々さんなど豪華メンバーでした。

画像8

落語家なのに、タイトルで「すべらない」と言い切らず、“かもしれない”と保険をかけて、ずるいなぁ~と思いながら見始めましたが、一切すべることなく、最初から最後まで、とても面白くて笑いが止まりませんでした。

そういえば、桂米助‥ってあぁ!あの「隣の晩ごはん」でおなじみのヨネスケさんだ!と初めて気が付きました。タレントさんではなく落語家さんだったのですね。私は落語ファン歴が短いので、このような発見が時々あります。

画像9

終わって外に出ると、笑点の司会でおなじみの春風亭昇太さんが取材を受けていました。

無料とは思えない充実した内容で、落語ファンにとっては、とてもありがたいイベントでした。

 


 

イベントと言えば、グリーンオンは先週10周年を迎えました!

ひとえに日頃よりご愛用いただいている皆さまのおかげです。ご愛顧いただき誠にありがとうございます。今後も皆さまに喜んでいただけるような製品をお届けいたします。

現在発売中の新製品は、グリーンオンが初めて手掛けた練習機「レーザーコーチ」です。 パッティング・スイング、どちらもおすすめです!ぜひお試しください。

GREENONスタッフブログ

GREENONスタッフブログ

毎週水曜日更新! グリーンオンスタッフが、楽しいブログをお届けします。2016年5月以前の旧ブログはこちらからご覧いただけます。

//空のpタグ削除