江戸風流てぬぐい展

2019年5月29日 カテゴリー:よもやまばなし

春から夏のような陽気になってきた今日このごろ、みなさんお元気ですか。
5月にもかかわらず、連続で真夏日を記録しましたね。体調にはくれぐれも注意してください。

私は先日、銀座の伊東屋で行われた、てぬぐい展に行ってきました。
てぬぐいは、皆さんご存知の通り、35cm×90cmほどの木綿の布です。

画像1

私自身、落語ファンになってから、てぬぐいを目にする機会が増え、興味を持つようになりました。今回初めて行きましたが、毎年開催されているようです。
様々なてぬぐいが展示され、買えるようにもなっていました。

画像2

てぬぐいは木綿が貴重品だった平安時代は、身分の高い人しか使用していなかったとのこと。
それが、木綿の栽培が安定し、庶民に広く使われるようになったのが、江戸時代。ということで、今回の展示に「江戸」とついています。

画像3

面白いデザインのものが多く、こんなものまでモチーフにしてしまうの?と思うようなものが多くありました。こちらはお寿司です。

画像4

私の地元の名産物がモチーフになったものもありました。

画像5

左から、富士山、桜えび、しらす漁です。しらす漁までデザインに!面白いですね。

画像6

また、てぬぐいが落語で使われる場面が説明されているパネルもありました。

画像7

落語ではてぬぐいが必ず登場します。携帯電話や焼き芋はまだ見たことありません。よく見るのは、手紙と財布ですね。
汗拭きとして使っている噺家さんもいらっしゃいますが、ほとんどがこのように小道具として使っています。

画像8

その他、英語のガイドや洗い方の説明書等があり、てぬぐいの基本的なことを説明していました。
今回、様々なデザインのてぬぐいが見られ、とても興味深かったです!


さて、今回グリーンオンの新製品「ザ・ゴルフウォッチ ノルム」が登場いたしました。
完全ルール適合モデルで、ゴルフウォッチ初心者の方にもおススメです!
ぜひ、ゴルフライフのパートナーにどうぞ。

GREENONスタッフブログ

GREENONスタッフブログ

毎週水曜日更新! グリーンオンスタッフが、楽しいブログをお届けします。2016年5月以前の旧ブログはこちらからご覧いただけます。

//空のpタグ削除