そうめん祭2018夏

2018年7月18日 カテゴリー:よもやまばなし

毎日暑いですね。夏本番となりました。

今回の平成30年7月豪雨で被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、1日も早い復興をお祈りします。

さて、私は先月行ってきましたイベントについて報告します。

皆さんは夏に食べたくなる物と言えば何でしょうか?

私は迷わず「そうめん!」と答えます。麺類の中でもかなり好きな方です。

そんな私のようなそうめん好きにとって、とてもうれしいイベントでした。

『納涼!ソーメン二郎のそうめん祭2018夏~そ道のススメ~』です。

画像1 画像2

会場に入るとたくさんの人で賑わっていました。まず空いてる席を確保して、飲み物・そうめんを調達します。

トッピングには、明治屋のおいしい缶詰や栃木県産のトマト、岩下の新生姜などが用意されていました。

画像3 画像4

各テーブルには、九州でNo.1と言われている「高千穂峡つゆ」が用意されていました。

画像5

一番美味しかったのは、ソーメン二郎さんもオススメの「しいたけ味」でした!

明治屋の缶詰はとてもそうめんに合って、これまたおいしかったです。

画像6

ステージでは、ソーメン二郎さんが司会でゲストが次々に登場しました。

JA栃木さん、ハイサワー博水社の田中社長、岩下の新生姜の岩下社長、そうめんパワーで乗り切ったことがあると話す元プロ野球選手の井出正太郎さん。

画像7

また、おそらく日本で一番値段が高い素麺を作っていらっしゃるという三輪山勝製麺の山下さんも登場し、手延べ麺の製造の大変さや、機械で作った麺との違いについてのお話がありました。

画像8

その他、三輪素麺と近い古墳のお話があり、古墳シンガーまりこふんさんのライブがありました。

画像9 画像10

おいしいそうめんをいただきながら、同じテーブルの知らない皆さんとワイワイ楽しみました。

こんなにもたくさんの大人が集合して、そうめんのために一生懸命になって……何てくだらなくて素晴らしいんだろう!と感動しました。とても楽しかったです。

画像11

お土産にいただきました。岩下の新生姜チップス、おいしかったです。

そうめん好きは世間では少数派のようですが、参加したことで、私だけではなかった!という喜びがありました。

とても新しい発見が多い、面白い体験でした。

 


 

さて今週は、有村智恵プロが6季ぶりに優勝といううれしいニュースがありましたね!

優勝のカギはやはりパットでした。スコアアップにはパッティングの上達が近道です。

有村プロはもちろん、多くのプロが活用している『レーザーコーチ パッティング』。

これを知らないでラウンドに出るなんてもったいないですよ!未体験の方はぜひお試しください!

GREENONスタッフブログ

GREENONスタッフブログ

毎週水曜日更新! グリーンオンスタッフが、楽しいブログをお届けします。2016年5月以前の旧ブログはこちらからご覧いただけます。

//空のpタグ削除