g08トップ
g08紹介 特徴 スタンス
henkaku
上記はザ・ゴルフウォッチスポルトプラスのみの機能となっております。
ザ・ゴルフウォッチスポルトとスポルトプラスはハードウェアが異なるため、
ファームウエアの変更でスポルトをスポルトプラスにはできません。

g08進化

グリーンターゲットカスタマイズ機能

グリーンまでの距離表示画面は、メイン情報2種類、サブ情報4種類からカスタマイズが可能です。 カスタマイズしたサブ情報画面はボタン一つで簡単に切り替え可能なので、プレー中でもすぐに参照できます。
※ボタンを押すとサンプル画面をカスタマイズできます。

メイン情報(画面中央)
サブ情報(画面下部)
本体画面

フルオートプレイ

一度、プレイ開始すれば、コース検出はもちろんホール更新も自動で行うので、スタートからホールアウトするまでそのままで常に距離表示します。

        
g08画面         

ハザード距離表示

現在の位置から、バンカー/池/木などのハザードまでの距離を各ホール8個まで表示します。 手前にあるハザードが一番下に表示されるので、距離感を掴みやすくなっています。

        
g08画面         

2グリーン同時表示

2グリーンのホールでは、自動的に左右のグリーンまでの距離を同時に表示するので、グリーン表示の切り替えの煩わしさがありません。

        
g08画面         

スコアカウント&飛距離測定

ショットした場所でプラスキーを押すとショットカウントを記録できます。 ショットカウントした地点は自動的に登録され、ボールの落下地点に行けば飛距離が表示されます。

        
g08画面         

スコア入力

スコア画面ではショット数の修正とパット数の入力が簡単にできます。

        
g08画面         

オートホール検出

グリーンを通過した場合のみ次のホールを検出するので、ホール途中で次ホールや隣接ホールの誤検出はありません。

        
g08検出         

スコア管理、ショット履歴の記録

記録されたスコアをツールを使ってPCに取り込み、グリーンオン倶楽部のWebスコア管理に登録することにより、プレイしたスコアを管理・分析することができます。また、プレイしたショット履歴をGoogleEarth上(PC上での表示)に表示できます。
※Google EarthはGoogle Incの登録商標です。

        
g08履歴         

時計

もちろん時計として、普段使いもできます。
(GPSオフ時:約14日間使用可能)

        
g08画面         
app
iOS Android
仕様一覧

本体仕様

外形寸法Φ45×13(厚さ)mm
腕回り150~220mm
重量55g(電池含む)
液晶反射型液晶(モノクロ2色)
電池充電式リチウムイオン電池
連続使用時間GPSキャディーモード:約10時間(常温)
外部インターフェース有線:クリップ型 充電/通信ケーブル
無線:Bluetooth Low Energy
防水3気圧防水
使用温度範囲-10℃~+60℃(充電温度範囲:0℃~+45℃)
GPSWGS84測地系、DGPS(SBAS)対応
センサー電子コンパス(スタンスチェック機能使用時)
対応APPGREENON
推奨小売価格20,000円(税抜)

使用に関するご注意
・本機は、太陽光を反射させて画面を表示させる反射型液晶を採用しているため、屋内では暗く見えることがあります。
・本機は防水試験にパスしておりますが、水中での使用、ならびに装着したままの入浴、シャワーは想定しておりません。
・本機に急激な温度変化を与えると、一時的に保護ガラスに結露が生じる事がありますが、防水性能の異常ではございません。
 常温に戻れば結露は解消され、機器性能への影響はございません。
・本機を長年ご使用された場合は、防水ゴムの劣化などにより防水性能が低下することがあります。
・充電/通信ケーブルは防水性能を有しておりません。
・データ更新の際に使用するPCの対応OSは、Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista です。MacOSは非対応です。
ble_logo
本商品は、Bluetooth® Ver4.0(Bluetooth® Low Energy)の省電力通信を可能にした最新のBluetooth® 規格を使用したものです。

パッケージ内容

箱、取扱説明書、保証書はザ・ゴルフウォッチスポルト、およびザ・ゴルフウォッチスポルトプラス共通です。


※2016年のルール改訂で距離測定器についてのルール見直しが行われ、以前は搭載されているだけでルール不適合になっていたものが、現ルールにおいてはその機能を使用しなければ問題なしと変更されています。 本機では、『スタンスチェック』機能をご使用にならなければ、ルール適合機としてご利用いただけます。

//空のpタグ削除