エントリー

国宝の刀剣を見に行く

こんにちは。気が付けば2月ももう下旬。

まだ寒い日がありますが、少しずつ春の足音が聞こえてきている気がします。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、私は美術館や博物館が好きでよく行くのですが、その中でも昨年の11月から展示されていた国宝の刀剣「童子切安綱」が先週の日曜日で展示終了とのことで、見納めとして東京国立博物館へ行ってきました。

画像1

入口には本日の展示についての案内が掲示されています。

限られた期間のみ展示される国宝なので、ここにも「童子切安綱」の名前と写真が載っていますね。

画像2

目的の展示室に行くまでに色々な展示を見て回りましたが、刀剣の展示室だけ人が多かったです。

展示期間がもうすぐ終了することと、同時開催の特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」を見た方がこちらの展示も見に来ていたのでしょう。

人がいなくなるのを待って、いざ拝見。

間近で見た時の感動といったら、もう言葉にできません。

画像3

画像4

画像5

画像6

平安時代に作られて生まれたものが1000年近く経ったこの現代にもそのまま形を残しているという事実に、とてもロマンを感じてしまいます。

そして美しいです。個人的な感覚ですが、平安時代の刀剣は本当に細くしなやかで、美しいものが多い気がします。

実はこの刀剣、数年前にも展示されていたのですが、その当時も何度も通っては美しさに溜息をもらしていました(笑)。

ちなみに、童子切安綱を簡単に説明すると、平安時代の刀工・安綱が作った日本刀(太刀)で平安時代後期に作られたと言われており、さらに天下五剣の一つで「日本刀の東西の両横綱」と称される最も優れた名刀と言われているすごい刀剣なのです。

また、源頼光が酒呑童子という鬼の首を切り落としたという伝説(これが「童子切」の由来と言われています)や、夜泣きが収まらないときにこの刀剣を枕元に置いたらたちどころに夜泣きが止んだ、江戸時代に試し斬りの達人が6人の罪人の死体を積み重ねてこの刀剣を振り下ろしたところ6つの死体を切断しただけではなく刃が土台まで達した、というように逸話が多くある刀剣なのです。

なお、刀剣なんて分からない!と言う方でも、東京国立博物館の刀剣展示室には刀剣の各名称や説明のパネルもあります。

画像7

画像8

今回の展示は終了してしまいましたが、今回もやはりもう一度順路を回って鑑賞してしまうくらい引き寄せられる刀剣でした。

東京国立博物館の公式ブログにも童子切安綱の記事が載っていますので、是非見てみてください。

なお、東京国立博物館の建物自体が重要文化財になっているため、展示室と展示室の間にはこんなスペースがあったりもするのです。

何となくですが、ここにイスやテーブルを置いたら明治時代などに要人が会議していた部屋のような雰囲気になりそうだと思いませんか?

この部屋の隅には黒電話もあります。

画像9

画像10

画像11

このほかにも、博物館の展示を見ているとまさにタイムスリップしたようで、昔から変わらないもの、現在は形を変えて残っているものの原型などを鑑賞しながら、いい一日を過ごすことができました。

気分転換にもなると思うので、普段足を運ばない方も行ってみてはいかがですか?


気分転換といえば、レーザーコーチパッティングでいつものパター練習を変えてみるのはどうでしょう?

単調に同じことを繰り返すパター練習は飽きてしまいやすいですが、レーザーコーチパッティングは自分の動きがレーザー光線で視覚的に見えるので、スコアアップに役立つこと間違いなしです!

画像7
⇒『レーザーコーチ パッティング』の詳細はこちら

マンホールフェス2019

立春が過ぎ、暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きますね。

突然ですが皆さん、マンホールは好きですか?好きも嫌いも考えたことないかもしれませんね。

私は前からマンホールにとても興味がありました。どうやら好きなようです。

新宿高島屋の前を通りかかったら、偶然こんなイベントをやっていました。

画像1

今やマンホールには様々なデザインがあり、ご当地マンホールとして楽しまれています。

このイベントではこのようにマンホールの実物が展示されていました。

画像2

マンホールが好きで写真を撮ったり収集したりして楽しむ人を「マンホーラー(manholer)」と呼びます。和製英語ですね。

たくさんのマンホーラーとそうでない人々が集まっていました。

画像3

関連グッズの販売もあり、ストラップや文房具、Tシャツ、ミニチュアのマンホールなどなど。1つだけ自分用にお土産を買いました。

画像4

このフェスの目玉企画が「マンホールカード」の全種類展示と、人気投票です。

画像5

詳しくはこちら。北海道から沖縄まで、その数478種類!

画像6

※画像は下水道広報プラットホームよりお借りしました。

このカードの存在は知っていましたが、初めて実物を見ました。

画像7

裏面には、その土地の名物や観光名所、なぜこのデザインになったのか由来が書いてあります。

画像8

※画像は南伊豆町のHPよりお借りしました。

1枚ずつ読んでいくのも面白いですし、デザインだけを見ていくのも面白いです。 この中で一番気に入ったマンホールに、投票しました。

画像9 画像10

その後、マンホール好きのためのマンホール専用アプリ、「Manhoo!」をダウンロードし、缶バッジをもらいました。

バッジに書いてあるように、すっかり「I am a "Manholer"」= 私はマンホーラーです!

ここで地元のマンホールの写真を紹介します。

清水出身の漫画家さくらももこさんがデザインしたマンホールです。

画像11

静岡駅周辺にあります。かわいいですよね。今や地元の財産となりました。

このように、マンホールにはいろいろなデザインがあり面白いんです。

ぜひ、たまにはマンホールに興味をもってみてください。

マンホールのアプリだけでなく、もちろんグリーンオンのアプリもおすすめです!

ゴルファーに便利な機能が満載なので、ぜひダウンロードしてみてください。

GREENONアプリ詳細ページ
⇒スマートフォンアプリ『GREENON』の詳細はこちら

Enjoy Your Golf

早いもので今年もひと月が過ぎ、ゴルフの楽しい季節が近づいてきました。

画像1

海外で活躍中の選手達を始め、国内男子ツアーも開幕し、1月から目の離せないゴルフを見せてくれています。

藤本佳則選手は全英でも堅実なゴルフで頑張って欲しいところ。

松山英樹選手はファーマーズインシュランス3位タイ、フェニックスオープンでは9アンダーの15位タイでしたが、話題のバンカーショットやドライバーもだいぶ安定してきた印象なので、次回(2/4ジェネシスオープンでしょうか?)はパッティングにも期待したいですね。

また、今年から全米プロゴルフ選手権が5月開催となり、4月「マスターズ」、5月「全米プロ」、6月「全米オープン」、7月「全英オープン」と、毎月メジャー観戦三昧になりそうです。寝不足辛いですけど……。

そして、秋にはPGAツアーが日本初開催されますね!どの選手が来日するのか今からとても楽しみです。オリンピックも近いですし、タイガー来てくれないかなぁ笑。

こうしたプロのスイングというのは、初心者ゴルファーの私にとって異次元のレベルですが、見て学ぶの心構えで今年も地道に練習に励もうと思っています。

スイングの練習方法には様々ありますが、グリップエンドに差し込むだけのコンパクトさで自分のスイングを可視化できる「レーザーコーチスイング」は、自社自賛ながらおすすめですよ!

画像2

画像3

私はバックスイング時に右膝が流れ気味だったので、下半身の固定を意識し過ぎた末に腕だけで振ってしまっていたのですが、「レーザーコーチスイング」の赤色レーザーポイントでボールからバックスイングまでの軌道を確認、それをなぞるイメージで振っていたら、ダウンスイング時に自然と前傾になり無理なく改善できてきました。

画像4

まだしばらく寒さが続きます。

体調には十分お気をつけて、春に向けてのフォーム修正にGREENON「レーザーコーチスイング」をお役立てください。

トレーニング・運動不足解消?

先日、神奈川県川崎市にある、『生田緑地』に出かけました。

ここには、『日本民家園』『伝統工芸館』『かわさき宙(そら)と緑の科学館』『岡本太郎美術館』『藤子・F・不二雄ミュージアム』などがあります。

画像1

今回は、この緑地内にあるグリーンアドベンチャーを紹介します。

問題・ヒント・答えが記載されたパネルが点在するコースを巡り、パネルに書かれたヒント(花・葉・実の絵、特徴、用途)と目の前にある樹木を見て樹種名を当てるクイズになっていて、パネルをめくって答えを確認しながら散策します。

丘陵にある林の中を身体と五感を存分に使い、動・植物とふれあいながら、自然を理解できる楽しい環境が用意されています。

画像2

ビジターセンター看板からすぐ右手にある小さな登り口が入口。ここからグリーンアドベンチャーが始まります。

身体を使うアスレチックや樹木の名前を当てるクイズ、草花の発見だけでなく、林の中に棲む鳥類の鳴き声の鑑賞や幸運であればその姿の観察もできます。

そのほか地層の成り立ちを確認するといった、いろいろな要素を持った緑地でした。

画像5 画像6

画像7

今回は、冬季のために残念ながら花・葉・実を目で確認出来ず、幹の姿を見るのみで、かなり難しいクイズとなりました。

クイズの題材に選ばれた樹木の数は、40種類でした。

樹木の一例を挙げますと、サザンカ・ヒイラギ・ケヤキ・イチョウなどの生垣や、街路樹としてお馴染みの樹木もありました。

画像3

画像4

冬季の身体を使わなくなるこの時期には、運動不足解消・トレーニングにとても有意義な時間を過ごせました。今回、コースを回るのに約2時間を要しました。

緑地内を散策して体力のかなり消耗しましたが、完歩できたという達成感を得ることができました。

コース途中には、枡形山広場と展望台があります。

枡形山は、"枡形城址"とも呼ばれて、鎌倉時代の源頼朝の重臣とし活躍した武将、稲毛三郎重成の城があったそうです。

近くには、川崎国際生田緑地ゴルフ場があります。

皆さん、こちらのゴルフ場でも、ぜひラウンドされてはいかがでしょうか?

さて、当社のトレーニング機器と言えば、ランニングのボイスコーチ、パッティング・スイング練習のレーザーコーチシリーズです。

ゴルフウォッチシリーズに搭載しているスタンスチェック機能も、トレーニングのお役に立つかと存じます。

まだの方は、ぜひ購入のご検討をよろしくお願いします。

田舎のお正月

もうだいぶ年が明けてから経ちますが、お正月のお話を……。

毎年お正月とお盆は多少なりとも実家に帰って過ごすのですが、私の実家は東北なので、いつも寒くて辛い日々を過ごします。

ところが、今年は東京もそうですが、太平洋側は雪が少なく、いつものような感じではありませんでした。

画像1

ですが、帰省した日がちょうど雪が降っており、私の実家はガソリンスタンドを経営しておりますので、スタッドレスタイヤへのタイヤ交換のお手伝いをする羽目になりました。

もちろん時給は0円です……。

画像2

お正月の準備としていつもお餅をつくのですが、うちの実家ではまだ薪でもち米をふかし、臼と杵で餅をつきます!

以前は豆餅というのもやっていましたが、今はもう難しいので、白い餅だけです!

画像3

そして、仙台と言えば『ずんだ餅』です!

どのおうちでもそのおうち独特の味があるのではないでしょうか?

画像4

さて、冬の間はなかなかゴルフにはいけませんが、『レーザーコーチ パッティング』でパット数30以下を目指しましょう!

画像7
⇒『レーザーコーチ パッティング』の詳細はこちら

箱根でキャンプ

毎日寒さが身に沁みますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私はこの3連休を利用して、以前から計画を立てていた【極寒 箱根星空キャンプ】へ行きました!と、言いたいところですが……あまりの寒さに計画変更。

天気予報では、氷点下・雪のマークのオンパレード、死人が出ては大変と友人に泣きついてコテージを借りてもらいました。

キャンピングカーにて近所まで来てもらい、いざ出発!

今のキャンピングカーはトイレにシャワー、ガス台に冷蔵庫と本当に家の様な快適さで感動しました。(運転は大変だと思います…)

画像1

お正月明けではありますが、3連休と言う事もあって箱根付近は大混雑の模様。渋滞を避けて目的地の仙石原へ向かいます。

途中で、地元のお肉屋さんとお豆腐屋さんに寄り道をして夕飯の買い物を少々。

中でもお豆腐屋さんは豆腐の味もさることながら、ご主人のお話も大変楽しいのでお勧めです!

画像2

借りてもらったコテージにはおしゃれなストーブがついており、まさかの火を見る事ができる仕様に心が躍ります。

暖かい家の中でユラユラと火を眺めながら酌み交わすお酒に、源泉かけ流しのお風呂もついていて入り放題、星空キャンプはできませんでしたが、ゆっくりとした良い夜でした。

画像3

翌日は、朝日と共に起床し目覚めもスッキリ!(写真の奥に見えるのは大涌谷の煙です。)

朝湯もほどほどに、せっかくなので芦ノ湖まで行ってみる事にしました。

画像4

最近話題の箱根神社は縁結びの神様と言う事もあり、いまやインスタ映えの人気スポットです。

厳かな参道を通りしっかりと皆さまとグリーンオンに今年も素敵なご縁がやってくるように長々お参りできました!今年も良い事がありますように。

画像5

画像6

さて、お正月のお休みもひと段落。本格的に春までオフシーズンの皆様もいらっしゃると思います。

自宅でパターの練習などをして春を待ってはいかがでしょうか。

画像7
⇒『レーザーコーチ パッティング』の詳細はこちら

平成最後のお正月

2019年、明けましたね。 平成としては最後の正月になりましたが、皆様はいかがお過ごしになられたでしょうか。

今年のお正月は天気もよく、初日の出を見に行かれた方も多いのではないでしょうか。

画像1

私は正月早々パークに行って来ました。

これは初日の出ではないですが、パークからの朝陽はお城の下手側から登ってきます。

雲ひとつない空に風も少なく、日差しが暖かくて気持ちよかったです。

ちなみにですが、風が少ないと水面への映り込み、いわゆるリフレクションが綺麗に出ます。

画像2

この日は微風だったため、少し水面がブレていますが、割と綺麗に出たかなと思います。笑

画像3

ミッキーミニーも正月期間は和服姿でご挨拶!

さて、お正月気分もここまで、気を入れ直していかないとですね!

冒頭でも使いましたが、昨年末あたりでかなり飛び交った平成最後の◯◯というフレーズ。

MASAでも、平成最後の◯◯を、1/15(火)まで行っております。

詳しくはグリーンオンメールマガジンにて!

画像6

目黒川みんなのイルミネーション2018

今年も残り一週間を切り、ゆったりとした年越しを迎えるべく仕事にラストスパートをかけていらっしゃる皆様も多いと思います。

寒さのあまり暖かい部屋から出るのも億劫になりますが、街では色々なイベントが催されているなか、目黒川のイルミネーションを見てきました。

画像1

五反田駅東口から少し歩くと桜色LEDを纏った木々が目黒川両岸にイルミネーションとして見物することができます。

画像2

使用されている電力は地域の家庭や飲食店から集めた廃食油をリサイクルしている「100%エネルギーの地産地消」のイルミネーションになっています。

ここ毎年開催されており、山手線内側の最大規模となる両岸合計2.2kmにわたって大崎方面まで彩られています。

点灯は来年1/9まで行われているようなので、年末年始東京に遊びに来られる方やお仕事帰りに、ぜひ冬の夜桜見物にお越しになられてみてはいかがでしょうか。


お正月休みに『ザ・ゴルフウォッチ®』をご使用になられてラウンドされる方も多いと思われますが、『レーザーコーチ® パッティング』で屋内での秘密特訓などもいかがでしょうか?

バナー
⇒『レーザーコーチ パッティング』の詳細はこちら

毎月第3日曜日は朝市の日

今年は暑さが続くと思っているうちに、秋はどこに行ったのか?という感じで、急激に寒くなってしまいましたね。

さて、大田区池上といえば、本門寺。日蓮聖人入滅の地であり、命日10月13日の前夜の御会式は大変な賑わいを見せますが、先週末は本門寺朝市がありました。

画像1

池上祭と比べても、さらに人はまばら・・・先週末は寒すぎたせいかもしれませんが、毎月やってる&早朝から11時までということになると、こんなもんでしょうか?

毎月と言っても、実は「すごく暑い時期」と「すごく寒い時期」にはお休みなので、1,2,7,8月はやっていません。次回は3月17日です。

画像2

売っているものは「日本各地の産直野菜、地元商店」などなど・・・

画像3画像4

画像5画像6

画像7画像8

年末らしく「大抽選会」もやっていました。みごとティッシュペーパーを3つもらいました orz

画像9

全体像も、こんな感じで人もちらほら・・・

奥に見える石段が本堂に向かう階段ですが、ここがお会式の時になるとどうなるかというと・・・

画像10

おわかりになるでしょうか?このブログの2枚目に掲載した総門のところから奥の石段の方を写したものですが、階段までびっしり人が埋まっています!

画像11画像12

駅前のバス通りも参道も、人も万灯もごっちゃになって、すごい混雑です。

画像13

万灯(まんどう)は、日蓮聖人が亡くなられた時、庭先の桜(お会式桜)が時ならぬ華を咲かせたという故事から、紙で作った造花でお会式桜を模し、灯明輝く宝塔を飾って作られているそうで、いろいろな形のものが百数十基も集まってくるそうです。

百里基地航空祭

強力な寒気の影響で冷え込みが厳しい中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

1週前ですが、寒さの中、航空自衛隊の百里基地航空祭に行ってきました。

画像1

百里基地と言えば、F-4ファントムⅡです!

40年以上の長きに渡り、首都圏の上空を守っています。

画像2

パンフレットの表紙を飾る、第302飛行隊は尾白鷲の部隊マークが有名です。

画像3

第302飛行隊はF-4EJ改からF-35Aへの機種変更を控え、記念塗装が2機に施されています。

【白バージョン】

画像4

【黒バージョン】

画像5

この記念塗装、とても気に入ってます。

F-35Aに変更後は、尾白鷲の部隊マークが引き継がれないのが、とても残念です。

こちらは空自の現在の主力機F-15Jイーグルです。

画像6

こちらはF-2、三沢基地からの参加です。

画像7

F-4は後の世代の機体と比べるとゴツゴツしたスタイルです。

でも、この無骨な感じがF-4の魅力だと私は思っています。

第302飛行隊の記念塗装機による迫力あるデモフライトの映像をどうぞご覧ください!

当日は偵察機型のRF-4E/EJによる、会場の空撮が行われました。

画像8

パイロットに向けて感謝の人文字を作ろうという試みがあり、私も参加したのですが…

画像9

画像10

人数の関係で小さくまとまったため、THANK YOU の文字が全く判りませんでした。(泣)

会場は隊員の手書きによるデモフライトの見どころ説明や、隊員による演劇なども行われ、なんだか学園祭のような雰囲気も感じました。

画像11

飲食の屋台や自衛隊グッズのお店もたくさん出店していました。

画像12

画像13

昼食のメインに『ステーキやきそば(本日限定メガ盛り無料)』を食べたのですが、すみません、写真を撮り忘れました(笑)。

この日は約4万人が訪れたそうで、大変な賑わいでした。

寒かったですが、楽しい一日を過ごすことができました。

ところで、戦闘機も自機の位置把握にGPSを使用しています。

みちびきは補強信号による精度の高さもありますが、暗号強度が高く妨害電波に強いこと、将来的には他国のGPSに頼らずに済むことも見据えて、自衛隊ではみちびき対応を積極的に進めています。

2018年12月現在、1m精度が実現できるみちびきの補強信号"L1S"に一般向け製品で対応しているのはグリーンオンだけです。

ぜひ「ザ・ゴルフウォッチ A1」や「ザ・ゴルフウォッチ プレミアムⅡ」で、その高精度を体感してください!

『ザ・ゴルフウォッチ A1』&『ザ・ゴルフウォッチ プレミアムⅡ』、絶賛発売中です!

バナー
⇒『ザ・ゴルフウォッチ A1』詳細はこちらから

バナー
⇒『ザ・ゴルフウォッチ プレミアムⅡ』の詳細はこちら

ページ移動



ユーティリティ











2019年02月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

新着エントリー

国宝の刀剣を見に行く
2019/02/20 11:12
マンホールフェス2019
2019/02/13 11:27
Enjoy Your Golf
2019/02/06 10:00
トレーニング・運動不足解消?
2019/01/30 15:16
田舎のお正月
2019/01/23 13:08

Feed