記事一覧

GPSボイスコーチ続報 & ランニングサイト開設!

こんにちは。
暑い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回のブログは6月末にお届けいたしましたこちらのブログの続報として、GPSボイスコーチとパソコンの接続からデータ管理までについてご紹介しようと思います。

マラソン、ジョギング、ウォーキングを行うランナーの心強いパートナーとなるGPSボイスコーチですが、そのデータ管理はどのように行うのでしょうか。以下に順を追ってご紹介します。
※以下の画面イメージは開発中のものです。

まず準備として、GPSボイスコーチソフトウェアをインストールします。インストールはインストーラをダウンロードして実行するだけと非常に簡単です。
GPSボイスコーチソフトウェアインストール画面
クリックで拡大

いよいよランニングやウォーキングを行った際のログデータを取り込みます。

まず、GPSボイスコーチを付属のクリップ型ケーブルでパソコンに接続します。
GPSボイスコーチ ケーブル接続
クリックで拡大

パソコン上でGPSボイスコーチソフトウェアを実行します。
GPSボイスコーチソフトウェアアイコン
GPSボイスコーチのアイコンが目印です。初回起動時にはグリーンオンとの提携ランニングSNSサイト「Marathon's World」への会員登録またはログインを行います。

GPSボイスコーチソフトウェアのインターフェースはボタンが3つだけと非常にシンプルです。
GPSボイスコーチソフトウェア

「ログデータアップロード」ボタンをクリックすると、ログデータの保存とMarathon's Worldへのアップロードを同時に行います。
アップロードが完了すると、以下のようにブラウザが起動してアップロードデータの編集画面が表示されます。
GPSボイスコーチ アップロードデータ編集画面
クリックで拡大

データの編集を行って「OK」ボタンをクリックすると、以下のように走った(歩いた)軌跡や高低差グラフ、ラップタイムを確認することができます。
GPSボイスコーチ 日記画面
クリックで拡大

この他にも、Marathon's Worldには…

  ・月単位での目標管理
  ・距離や競技時間、「いいね!」やコメントの数などのランキング表示
  ・大会やイベントの参加記録

など、さまざまな機能があります。ぜひGPSボイスコーチとともにお使いいただきたいと思います。

あわせて、本日よりグリーンオンランニングサイトを開設いたしました!GPSボイスコーチにつきましての詳細も掲載しておりますので、ぜひご覧ください!
グリーンオン ランニングサイト画面
クリックで拡大

また、ランニング向け製品の発売を機にグリーンオンのロゴマークを変更いたしました!
新グリーンオンロゴ
新ロゴマークともども、新たに走り始めたグリーンオンを今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

コメントする

THE GOLF WATCH mk2 限定カラー・ライムイエロー予約開始!

>> THE GOLF WATCH mk2 限定カラー・ライムイエローご予約受付中! <<

5万人のザ・ゴルフウォッチ ユーザの声を参考に改良を重ねた マーク2は、発売以来、多くの嬉しいユーザレビューをいただき、開発にかかわった者として大変誇らしく感じております。

マーク2の標準カラ―は、黒とグレーの組み合わせですが、他のカラ―を作って欲しいとの声も多く頂きました。色の好みは様々で、色選びは大変難しい判断でしたが、今回、黒とライムイエローの組み合わせを作ることにしました。自分で言うのも何ですが、お洒落な都会的なカラ―バリエーションです。一度限りの限定生産になりますので、サンプルをバイヤーの方には見てもらいましたが、予想以上の反響でホッとしています。

写真公開は本邦初!です。

ザ・ゴルフウォッチ マーク2 ライムイエローバージョン
クリックで拡大

ザ・ゴルフウォッチ マーク2 ライムイエローバージョン
クリックで拡大

ザ・ゴルフウォッチ マーク2 ライムイエローバージョン
クリックで拡大

これまでも、限定生産でゴルフウォッチのカラーバリエーションを幾つか作りましたが、直ぐに完売しております。限定色を買ったお客様のうち「ゴルフ場で一緒にプレイした組のプレイヤーが全員ゴルフウォッチをつけていたが、自分のだけ色が違ったのでちょっとうれしかった」などの感想もいただいております。モノにこだわる方には是非ともお使いいただきたい逸品です。

その他のカラーバリエーションに関してご希望などがありましたら、弊社webサイトの問い合わせフォームなどからお送りください。前向きに検討を進めてまいりたいと思います。

ご予約はこちらから

THE GOLF WATCH mk2[ライムイエロー] 先行予約受付中!

コメントする

夏と言えば…

昨日、最近入社された方の歓迎会と親睦会を兼ねて、今流行りのビアガーデンに会社のメンバーで行ってきました。場所は日本橋三越の屋上のビアガーデンです。

当日は仕事を早めに切り上げて、日本橋の三越へ集まりました。エレベータで屋上に上がるとビアガーデンの会場です。予約をしてあったのですが、見ていると直ぐにもビールが飲みたくなり気ばかり焦って、逆に手間取ってしまいました。

ビール、料理を分担して持ち寄り、先ずは乾杯です。最初の一杯はいつも以上に美味しく一気に飲み干す人も、早速二杯目です。料理も色々あり、みんなで沢山持ってきましたが、次から次と無くなっていきます。と、すごい勢いで飲食が進みましたが、1時間もたたないうちに多くの人のおなかが一杯になってきました。そこで、飲み会のテーマを思い出し、歓迎会としての挨拶があり、それからハイボールや手作りのハーフ&ハーフこれも手作りのアイスフロート、デザートと宴会は続きます。

2時間の飲食が続き、みんなが満足して飲み会が終わりました。天空の開けた屋上のビアガーデンで、皆で遠慮なく飲み、食い、語り、有意義な飲み会だったと思います。気になるのは、体重の増加と今日の仕事です。また、このような機会があればと思います。

夏と言えば…

コメントする

山の日に備えて

皆さんご存じの通り、8月11日に山の日が制定されることになりました。
とは言っても富士山や険しい山への登山はちょっと……、という方にもオススメできる天覧山に挑戦してきました。
天覧山は埼玉県飯能市にある、標高195mの低山ながら頂上からの眺望が良く、近隣の方には人気のスポットです。

象
クリックで拡大

飯能駅から天覧山へ向かって飯能銀座を抜けて歩いて行くと早速謎のオブジェクト、観音寺の白象です、一見の価値ありです。

能仁寺
クリックで拡大

能仁寺の背後にそびえる天覧山。

入口
クリックで拡大

登山道入口にはまだ紫陽花が咲いていました。

山頂
クリックで拡大

挑戦などと大げさに書きましたが30分もかからず山頂です、眺めはなかなかのものでした。

田園風景
クリックで拡大

実はこの山旅、もうちょっとだけ続くのでお付き合いいただけたら幸いです。
上ってきた登山道から反対側、多峯主山(とうのすやま)に向かいます、山間には地域の方々の郷土愛の結晶ともいうべき美しい田園風景が広がっています。

多峯主山頂
クリックで拡大

多峯主山頂からの景色はまた一味違うものがあります。

謎
クリックで拡大

やはり来た道から反対方向、吾妻峡に下っていくと謎のオブジェクトその2、山頂近くの御嶽八幡神社を少し下ったところに本当に謎としか言いようのない木象がいます。謎です。

河原
クリックで拡大

吾妻峡から飯能河原を歩くと沢山のバーベキューをする人や水遊びをする人で賑わっていました。見ているだけで楽しそう。

ログ
クリックで拡大

グリーンオン・トリニティのログ結果です、歩数カウントは約16000歩、まさに山あり谷あり、山の日への備えもばっちりです。
皆様もちょっと運動したい時はご近所の気になるあの山へ足を延ばしてみるのはいかがでしょうか?

コメントする

東京大神宮の七夕祈願祭に行ってきました

東京大神宮の七夕祈願祭に行ってきました

7月7日が七夕としているところが多いですが、一部の地域では8月7日を七夕としており、ところによっては8月に七夕祭りが楽しめます。
都内でも8月に七夕祭りが開催されるものもありますが、手始めに先日、東京大神宮で行われた七夕祈願祭に行ってきました。
東京大神宮は、神前結婚式を創始したことから縁結びとしても知られる神社なので、年に一度、織姫と彦星が会える七夕にはピッタリな場所だと言えるのではないでしょうか。

東京大神宮の七夕祈願祭に行ってきました

七夕祈願祭は用意された短冊(女性用は織姫短冊、男性用は彦星短冊)を神職さんと巫女さんが1枚1枚ずつ心を込めて結び付けられた笹竹が拝殿前に飾られ、心願成就と除災招福を祈願します。

東京大神宮の七夕祈願祭に行ってきました

一般参拝者と七夕参拝者と列がわかれていましたがスムーズに進む一般参拝列と対照的に七夕参拝列は道路に溢れるほどの列ができていました!縁結びで知られている神社ですし、こういう催しは女性の方が敏感のようで、女性が圧倒的に多かったのが印象的でした。

東京大神宮の七夕祈願祭に行ってきました

中に入ってもすごい人でしたが、飾られた笹竹がライトアップされて綺麗で和みました。

七夕の他にも夏に向けて花火大会や盆踊りなど、これからイベント事が増えていきます。
私はイベントに参加するとよくこのブログで紹介していますが、どこでどんな催しが開催されるか調べるのも楽しいものです。
梅雨が明けると夏本番ですね。熱中症にならないよう体調に気をつけて、皆様もそれぞれの夏をお楽しみください。

コメントする